債務整理と闇金はどちらを選ぶべきなのか

  • デメリットがないのが債務整理のメリット

    • デメリットがないのが債務整理の最大のメリットです。



      債務整理は、債務者を法律的に助けるために存在するものであるためこれを利用することによってそこからさらに悪い状況になるなどと言ったことは絶対にありません。



      債務整理は、どの手段を利用しても最終的に債務者の借金の負担を減らすことに繋がるため困っているときには必ず法律家に相談することが大切になるのです。



      では、債務整理を利用したときに生じる制限は何一つ存在しないのでしょうか。


      この法的手段を利用したときに生じる一定の制限は確かに存在します。



      ただし、この制限は日常生活を送る上で全く支障のない程度のものなのです。



      例えば、お金を借りたことによって借金を作ってしまったのですから今後しばらくの間はお金を金融機関から借りることが出来なくなるなどと言った処置が取られます。

      しかし、こうした処置が取られたとしても銀行口座が使えなくなったり作れなくなったりするわけではありません。

      従来どおりに口座を使うことも出来ますし、また新しく金融機関を利用して口座を利用することが可能です。


      また、お金が借りられなくなってしまったとしてもその制限は一定の年数が経過すると解除されてまたお金を借りることが出来るようになります。
      そのため、実質的な日常生活の制限はないに等しいのです。

      このように、債務整理を利用することによって借金を背負った人が後々に困ることは絶対にないということを知っておかなくてはいけません。



  • 関連リンク

    • ひとくちに債務整理と言ってもその方法は一つではありません。制度を利用する際には事前にいくつかの選択肢を把握しておき、そこから適切な物を選択する必要があるのです。...

    • 現代では様々な場所でお金を借りることができるようになっています。銀行をはじめとする金融機関はもちろんですし、消費者金融なども当然ながら借金です。...